読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳が氷ってるわたしの日々

アスペルガー症候群を持つ私がのんびり語っていく場

乳腺線維腫との共存 ~中間~

 

こんばんは!


乳腺線維腫の手術当日のまとめが終わりましたので投稿します!
(いやー懐かしいですねー)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


手術は局部麻酔で実施。
全身麻酔は先生曰くそこまでする必要はないそうです)
時間は1時間程度の予定。

また
・手術の同意書持参
・アクセサリーは身に着けない
・お化粧しない
・車を運転してこない
などの約束がありました。

あと服装はなるべく締め付けないものがよいとのこと。
手術が終わった後、傷になるべく刺激を与えないようにするためだそうです。


当日に費用は払うのですが、料金の説明は受けていなかったので支払いをするときまでいくら払うのかわかりませんでした…
最終的には2万円弱。
予想より安い。
6万円ぐらいかかるかなと思っていたので…

 

手術30分ぐらい前に、病院に到着し受け付けを済ませたあと、看護師さんと病院関係者専用のエレベータで手術階に移動。
すごく緊張する…

 

ナースステーション?の近くにあるロッカーで着替えます。
上半身は全部脱ぎ、下半身はそのままで手術服を着ます。
髪はまとめてはみ出さないように帽子のネットをかぶりました。


そしてそのまま手術室へ。
このときブラジャーもしていないまま薄い手術服を着ての移動ですので、ものすごく恥ずかしかったです。
病院関係者の方しかいませんし、見慣れているとは思いますがちょっと配慮して欲しかったなあ。


手術室は予想よりは小さかったのですがテレビで見たような空間でした。


手術台に横になって、お尻に電気を逃がすためのパットを貼ります。
左手に血圧計とその人差し指にパルスオキシメーターを入れます。
パルスオキシメーターは血液中に酸素がどれくらい入っているかを調べる機械。
軽く挟んでいるだけなので全然痛くありませんよー


手術の様子が見えないよう目の前に青いシートを掛けられますので視界は青青青。
後ろは看護師さんが私の顔が見えるように開いています。


右胸にしこりがあるため、右腕が楽にように固定します。
1時間も上げている状態なので、ここは妥協せずにしっかり位置決めをした方がいいと思います。

 

そんなかんじで手術開始。
2人の先生での手術。
たぶん1人は新人の先生だと思います。

最初は消毒をして麻酔!
麻酔はちょっとだけ痛かったです。

すぐに麻酔が効いて(私は麻酔が良く効く体質らしい)、体を切っていきます。
でも全然痛くない。なんだか押されている感じとかは分かりますが、全く痛くありませんでした。ちょっと拍子抜け。
ときどきはさみのようなものでナニカをちょきちょき切っている音や、先生が新人の先生?に指導している声が聞こえます。
時々痛くないですか?と声をかけてくださいますが…
全然痛く無いよー

なにかあるといえば血圧計が自動で測定し出してちょっとびっくりすることと、最後の方に肉?血液?が焼けるような生生しい臭いがあるくらい。
麻酔を足すときも最初の麻酔ぐらいの痛みなのでたいした痛みではありません。
糸で傷を縫ったらしいのですが、いつ縫ったんだろう…


そんなこんなで手術も終わりました。
傷にはテープが貼られていたのでまだ見れません。
糸を抜くときに見れます。


そして腫瘍とのご対面。
いかにも脂肪の色をしていて、ぷるぷるしていました。
触ったときは硬かったのでカチカチしていると思っていましたが違いました。


その後は着替えて私服へ。
もう帰れると思っていたのですが、1時間ぐらい病院で休んでから帰れるとのこと。
最初に説明してよーと思いました。


ごろごろスマホをして1時間。
清算をして薬局へ。

薬は痛み止めと感染予防の薬、あと胃が荒れないための薬が出ていました。
胃が荒れないための薬は副作用止めかしら…


そして家に帰りました。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


手術当日はこんな感じでした!
次は手術後のことをまとめていきたいと思います!

ではでは!